海釣りに必要な釣具と狙う魚を紹介する海釣り総合情報サイト

海釣りに最適な服装と海釣り入門者のための大漁釣り法

海釣りをするならまず釣具を重視する

海釣りで使用する釣具は、竿(ロッド)、リール、釣り糸、仕掛けに渡って多種多様にあるので、やはり不安であれば大手メーカーの物を選ぶべきでしょう。

竿やリールは、海釣りであれば100m以上も遠くへ糸を飛ばす事になるので、丈夫でパワフルな製品を選びたいものですが、うっかり安物を選んでしまうとすぐに破損してしまう危険があるので、上質な製品を購入するべきです。
リールも大きさがあるほど、ハンドル一回転あたりの糸を巻き取る長さが増えます。

釣り糸も、せっかく大型魚が掛かったのにすぐに切れてしまっては何もなりません。糸には4種類以上の素材があり、この素材の善し悪しが釣りの結果にそのまま出ると言っても過言ではないので、糸選びは特に大切です。

そしてルアーなどの仕掛けも、まずはどんな魚を釣りたいのかを決めてから選ぶべきでしょう。

釣具は安価にこだわらず多少値段は張っても高性能な製品を選ぶ事が重要です。

海釣り初心者にオススメ「サビキ釣り」

海釣り用の釣具と言っても、何を釣るか、どこで釣るかでその内容は大きく違って来るので、選ぶのはなかなか難しいものです。
でも最近は釣具店関係の各サイトで調べたり出来ますし、実際に釣具店へ足を運んでいろいろ訊いてみれば、様々なアドバイスをもらえるでしょう。

多くのサイトでも紹介されていますが、海釣りデビューの方には「サビキ釣り」が人気を博しています。
これは、竿から下げた糸の先端に小さなカゴを取り付け、その中に入れた餌を海中に散らし、竿を小刻みに動かしつつ掛かって来た魚を釣り上げる方法で、主にアジやイワシ、サバなどの大衆魚の他、ヒラメやクロダイなどの高級魚もゲット出来る事があります。
費用も数千円ですみ、しかも釣具店ではセットで販売されているため大変便利でしょう。

磯釣りや船釣りなどは、長い経験と釣具を使いこなす技術が必要です。

まずは人気のある簡単な釣具と方法での海釣りから始めましょう。


この記事をシェアする